【口コミ評判】まなびwith幼児コースのシステムや料金・退会方法をまとめて紹介します

まなびwithってどんな通信教材なの?

まなびwithは小学館が通信教育教材です。

小学館といえば、付録の組み立てるガチャガチャやクレーンゲームがリアルで本格的すぎると話題になった「幼稚園」や「図鑑NEO」で有名ですね。

そんな小学館の通信教材の「まなびwith」というのは、あまり聞き慣れないかもしれません。

まなびwithで検索してみると「2019年4月からスタート」というような文言をちらほら見かけます。

それを見て「新しいものだからあまり信用ならないのでは?」と、不安になるママやパパもいるかもしれません。

実は、2018年までは小学館は「ドラゼミ」だったものが、2019年度から「まなびwith」としてリニューアルスタートしたものです。

もしかすると、「ドラゼミを受講していた」というママやパパもいるかもしれませんね。

ノウハウ自体はドラゼミから踏襲し、中身だけ新しくなった、というのが「まなびwith」ということのようです。

何がどんなふうに変わったの?

ドラゼミは、その名の通り「ドラえもん」のキャラクターたちと一緒に、ワークを進めていくというものでした。

まなびwith幼児コースではドラえもんの代わりに「まなぼうず」というキャラクターが登場します。

まなびwithでは「思考力を育てる」ことをコンセプトに、内容をリニューアルしました。

ドラゼミと共通なのが、小学校に進学してからも通用する学力の「考える土台」づくりです。いわゆる、学力と呼ばれるような力です。

これに、「わくわく考える気持ち」を育てるような構成になっているのがまなびwithです。

「わくわく考える気持ち」とは、「なぜ?」「どうして?」と疑問に感じる力のことです。

2020年からの教育改革を受けてのリニューアルだと思われます。

少し先の話ですが、小学生コースでは、自分の考えていることを見える化することで、考える整理するための「思考の達人ツール」がスタートしました。

大人向けの思考力を鍛えるような本にものっていそうなものばかりで、ママやパパの方が尻込みしてしまうかもしれません。

どんな時にどの図を使うかも学べるようですし、難しいとかいう先入観のない小学生くらいからまなび始めることで、考えの整理がスムーズに身につくかもしれません。

小学生コースの「思考の達人ツール」の前段階として、幼児コースでは「なぜ」「なに」を大切にいしたり、疑問を自分で解決する方法を身につけるような内容が盛り込まれています。

まなびwithの対象年齢や学習内容は?

まなびwithの対象年齢は3歳から小学6年生まです。

幼児向けの年少、年中、年長コースと、小学生向けのコースと、大きく2つに分けることができます。

幼児向けの教材の内容を紹介していきます。

幼児向け共通の内容

まなびwithでは2つの学習法を取り入れています。

「ステップ学習」とは、言い換えれば「少しずつ難しい問題に取り組んでいく」ということです。

年齢・学年に応じて問題の難易度を少しずつ上げることで、気づいたら難しいこともクリアーできるようになっていた!ということを目指しています。

成功体験をたくさん経験できる方法ですね。

「スパイラル学習」とは、言い換えれば「反復学習」のことです。

同じ問題でも問われ方が違うと答えられないこともあります。

理解を深めるために、また、知識の定着のためにも反復学習は大切なことです。

特別なことのように書かれていますが、他の通信教材でも同じことをやっています。

まなびwithでは、大きく「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」「ちえ」の4つの分野に分けて問題を構成しています。

「楽しく思考力を伸ばす」ということをコンセプトに、他の通信教材にはない学習内容も盛り込まれています。

調べ学習

調べ学習で、調べて考える習慣を身につけます。

小学館の図鑑「プレNEO図鑑」の中から、毎月4ページ分がミニ図鑑のようにして届きます。

図鑑ですので、パパやママが読んだり、自分で読んだり、眺めたりして楽しめます。

加えて、ワークでわからないことは、そのミニ図鑑を見ながら解いていく、ということにも使います。

「わからない事がある→調べる→分かった!嬉しい!」というサイクルが、「なんだろう?」を楽しむための基礎となります。

ちえぺーじ

考える力の基礎になる、推理力、観察力、構成力、論理力の4つの力を身につけます。

年中コースからスタートします。

基本的に、他の幼児向け通信教育教材でいう「ワーク」に当たるものです。ワーク内の内容がゲームで確認できる、というのはちょっと面白いですね。

おはなし

小学館の絵本から厳選した絵本を、毎月巻末の8ページ分掲載します。

毎月、絵本が1冊届くようなイメージですね。

ここまでがまなびウィズ各コース共通の内容です。

具体的に、各コースの内容について紹介します。

年少コース

年少コースは「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」の3分野のことを学んでいきます。

ことば・もじ

年少の間にたくさんの言葉に触れ、ひらがなに親しみ、読めるようになるのが目標です。

毎月のワークブックで少しずつひらがなの練習をしていきます。

7月号の特別教材「はじめてのひらがなノート」では、文字を書くのに必要な運筆の練習が繰り返しできます。

また、書くだけではなく、一対一でお話ができる力も育てます。

かず・かたち

年少の間は1〜10までの数字にしたしむことを目標に、点つなぎなどで楽しく数字や数の勉強をします。

8月号の特別教材「はなはなおはじき」を使って、数を数える練習をします。

おはじきというと古臭い感じがしますが、足し算や引き算にも使えるすぐれものです。

また、10月号の特別教材「かたちタイル」では、丸、三角、四角のタイルを使っていろいろな形を作っていきます。

図形を組み合わせると新しい形を作ったり、自分の好きな形を作ることで、図形の感覚を育てます。

調べ学習

小学館の「プレNEO図鑑」から毎月4ページ文を抜粋したものが教材として届きます。

図鑑のページとワークブックが連動しているので「調べながら学ぶ」ということが身につきます。

図鑑にふれることができるのは、まなびwithの最大の特徴です。

年中コースの内容

年中コースからは「ちえ」の問題が増えます。

もじ・ことば

年中コースでは、ひらがなの読み書きができるようになるのが目標です。また、生活の中で使う言葉を中心に語彙も増やしていきます。

7月号の特別教材「はんたいことばカード」では、反対の意味の言葉を楽しく覚えていきます。

かず・かたち

年少コースで1〜10まで覚えた知識を土台にして、数の多い少ないの比較や、数の合成や分割を学んでいきます。

また、1月号からは時計の読み方も学んでいきます。

11月号の特別教材「まなびブロック」で、立体図形に親しみます。

ちえ

「ちえ」のページでは、お子さんの考える力を育てます。単純な知識のインプット・アウトプットではなく、知識や経験を元に自分で考えて応用的に使って問題をときます。

推理力、観察力、構成力、論理力などが必要になってきます。

また、会員限定のデジタルゲームと教材を連動させることで、プログラミング的思考も身につけます。

年長コース

もじ・ことば

ひらがなを完全にマスターして、短文を作れるようになることを目標とします。

最終的には小学校1年生の1学期で習う程度の文を書く問題に挑戦します。

「もじ・かずのーと」を併用することで、文字の読み書きを完璧にします。

かず・かたち

かずの分野では、10までの足し算・引き算ができるようになるのが目標です。

文章題にも挑戦していきます。

教材と一緒に使う副教材のパズル(タングラム)や「おけいこどけい」を使って、図形の感覚や時計の読み方を身に着けます。

自分で手を動かして、どんな結果になるかを確認するのは、子どもの想像力を育ててくれます。

年少・年中・年長コースの教材

毎月届く教材は、「まなびブック」と「おやこブック」の2冊です。

「なまびブック」はワークブックです。

「おやこブック」はワークの進め方などがまとめられた、ママやパパ向けのサポート本です。

これ以外に、カリキュラムに合わせて届く特別教材があります。

年少さんのはなおはじきやかたちタイル、年中さんの反対言葉カードなどがあります。

特別教材が届く月以降に入会された方にも教材が届くので、たくさん使って勉強してください。

充実のサポートコンテンツの紹介!

まなびwithの会員限定で、学習サポートコンテンツが充実しています。

個人的には、ダウンロードプリントと図鑑をフル活用したいです。

スパイラル学習が実践できる環境が整っているのはさすがですね。

うきうきDVD

「うきうきDVD」は4月号・10月号・1月号で届きます。ひらがな・かず、アルファベットなどを楽しくまなびます。

ワクワクさんの工作コーナーもあるようです。

自分で考えたものを作るもよし、工作が苦手な子は同じものを作ってみるのもいいですね。

お手本のように作っても全く同じにはならないと思うので、どこが上手にできたか、お手本と何が違うか、どうすればもっと上手にできるかなどを確認するのもいいですね。

おはなしまなぼうず

まなびwithのキャラクターである「まなぼうず」が出てくる絵本です。お話もありますが、迷路など楽しいコンテンツが盛り沢山です。

B6サイズと小さめなので、お出かけのときなどのおもちゃの一つとして持ち歩くのに最適です。

お誕生日カード

子どもの誕生日に合わせて届きます。立体カードって、子どもが喜ぶこと間違いないですよね。

立体カードを子どもと一緒に作ってもいいですし、飾っておいておくのもいいですね。

デジタル版 図鑑NEO

スマホやタブレットから「デジタル版・図鑑NEO」を見ることができます。本の図鑑に親しんでほしいのが親心ですが、かさばるし、紙媒体だとなかなか見てくれなかったりします。

スマホやタブレットだとなんとなく眺めているうちにのめり込んでいる、ということもあります。

本当にほしいものだけ図鑑で買う、というのもありだと思います。

気になったときに調べるのが一番知識として定着しやすいといいますし、無料でデジタル版の図鑑が利用できるのはお得感があります。

デジタルライブラリー

小学館の科学漫画「クライシス・シリーズ」や「はじめての日本の歴史」などの電子書籍が利用できます。

ダウンロードプリント

反復学習のためのプリント問題を自宅でダウンロードできます。ひらがなの練習や数の数え方、足し算引き算など、幼児コースで取り組む内容は、反復練習をして覚えていく必要がある部分です。

ワークだと一回やったら終わりなのですが、何度もプリントアウトして練習できるのはとてもいいサービスです。

知育ゲーム

紙の教材では伝えきれないようなプログラミング的思考を養うものから、かず・かたち、ことばなどのミニゲームで遊びながら知識をみにつけられる学習ゲームです。

スキマ時間にできるので、ちょっとした待ち時間を利用できます。

まなびwith 幼児コースの口コミや評判を紹介します!


生活の中の出来事も、ワークに落とし込んで学べます。

幼稚園でたくさんの先生やお友達と触れ合っていると、よく知らない人への警戒心が薄れるので、こうした内容はとてもありがたいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

届いた届いた‼️まなびwith ✨ 待ち構えてたかのようにー開ける〜早くしたい‼️ と言うことでさっそくチャレンジです👍 楽しく学べるっていいですね🌸 シール貼りは子供の大好物♡楽しく最後までできました✨ よく出来ました‼️💯 #はじめて #お試し #おためし #チャレンジ #まなぼうず #まなびwith #通信教育 #DVD #小学舘 #思考力 #教育 #教育改革 #楽しく学ぶ #シール #シール貼り #大好物 #4歳 #娘#むすめ #女の子 #オンナのコ #年少 #年少さん #保育園 #保育園ママ #広島ママ #子育て #広島 #広島子育て . 小4息子は今日も将棋漬け✨ 7時から3時間のマンツーマンレッスンなう‼️タフマン‼️

yoko_okinaga◇BUTTERFLY◇(@yoko_on1)がシェアした投稿 –


大豆がいろんなものに変身するのを学ぶ「たいけん」のページです。

「たいけん」のページですが、右のページには数を数えて何個かなぞり書きする問題があります。

テーマを横断するような出題の仕方もおすすめポイントです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お休みの日は 小学館 まなびwithで楽しくお勉強✍️ #まなびwith #通信教育 #くるこさん #6歳児

Kurumi♡(@curucosan)がシェアした投稿 –


鉛筆でガリガリ書いてお勉強!だけではありません。

シールを張って楽しく学ぶページもたくさんあります。


運筆の練習は案外難しい…「なぞって!」といっても伝わらないし、楽しくてなぞるところや方向などがわかりやすいのがポイントです。

まなぼうずたちの楽しそうなイラストの中で楽しくなぞる練習ができるような仕掛けがありますね。


なまびwithは海外在住でも受講できます!

パパの駐在についていってる方には嬉しですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. まなびwithの「つくるwithペットボトル編」を見て 作りたい!作りたい!と大興奮😄 . ペットボトルがなかったので パパとジュースを買いに行ってから作りました 工作に熱中してトイレ(小)がギリギリで間に合わず😂 最近は失敗してなかったから本当に夢中だったんだな、と . . 作ったペットボトル工作で遊びながら DVDのお兄さんの口調を真似てました😂 お兄さんの口調がYouTuberぽくて まだYouTubeを見せた事ないけど これは子供、夢中になるの分かるなーと😄 絶対虜になりそうだから まだ当分見せないようにしよーっと決めました . . 2枚目の動画 私の「うん」の後に抱っこしてる弟(生後49日)が リピートアフターミー、してます 2回ともなので偶然じゃない、と思ってます💕 . 本当はペットボトルの中にビー玉や おはじきを入れてね、と言ってたのですが 入れるものがなく、倒れてました🤣 . 服を脱いだり 着たりしてるのは気にしないでください🤣 . . #3歳 #工作 #ペットボトル工作 #まなびwith #まなびウィズ #通信教育 #知育 #幼児教育 #3歳2ヶ月 #3歳2ヶ月男の子

たぬき(@p_tanuki)がシェアした投稿 –


うきうきDVDを見て、工作にチャレンジしているのでしょうか?

自分で作ると、「どうしてこんな動きをするのか?」という理解が深まるのでおすすめです。


「自分で図鑑を作る」という課題です。

知ってる動物は貼り、知らないものは調べる、という調べ学習の一つですね。


箱の数を数える問題です。

隠れた箱も数えないといけないので少し難しいのですが、迷路と一緒になっているので楽しく進められそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

時代を越えた学びと遊び👭👬👩‍💻 #まなびwith #まなぼうずといっしょ #指人形 #タブレット学習 #教育

samantha(サマンサ)(@samantha_globe)がシェアした投稿 –


知育ゲームも、楽しみながら言葉や数を身につける仕掛けが沢山あります。

知育ゲームばかりではいけませんが、補助教材として上手に活用すればお子さんのモチベーションアップにもつながります。

まなびwith幼児コースの受講費の支払い方や入会方法は?

まなびwith幼児コースの内容を紹介していきましたが、ここからは実務的なことを紹介します。

どれだけまなびwithが魅力的でも、高すぎたり受講費の支払い方が煩雑だったら、それだけで魅力は半減しますよね。

受講費や支払い方法、入会方法を一つずつ紹介していきます。

まなびwithの受講費はどれくらい?

まなびwithでは入会金は不要です。

まなびwithの受講費の一覧(2019年度版)を表にまとめるので、参考にしてください。

毎月払い 6ヶ月一括 12ヶ月一括
年少 2,117円/月 2,156円/月 2,117円/月
年中・年長 2,585円/月 2,412円/月 2,369円/月

いずれも4月号から受講を開始した場合の、1ヶ月あたりの受講費用をまとめました。

単純に、6ヶ月一括支払いの場合は「6ヶ月一括の受講費×6号分」、12ヶ月一括払いの場合は「12ヶ月一括の受講費×12号分」が1回の支払金額になります。

計算が面倒な場合は、まなびwith幼児コースHPで、開始学年と開始月と支払い方を選ぶと、受講費がどのくらいになるかが簡単に確認ができます。

学年をまたぐ場合は一括支払いの受講費用の計算が複雑になるので、必ずまなびwith幼児コースHPから受講費用がいくらになるのか、確認をしてください。

個人的な乾燥として、他の通信教材と比べて、突出して高いわけでも安いわけでもありません。

副教材や学習サポートサービスなどを考えると妥当な受講費だと言えそうです。

まなびwithの受講費の支払い方法は?

受講費のところでも少し触れましたが、受講費の払い方は「毎月払い」「6ヶ月一括支払い」「12ヶ月一括支払い」の3種類から選べます。

毎月払いのほうが割高ですが、1回の支払金額は少額です。

一括支払いは、1月あたりの受講費は割安ですが、まとまった金額を支払うことになります。

どちらも一長一短なので、ご家庭に合わせた支払い方を選んでください。

支払い方法は「振込」(コンビニか郵便局)と「口座引落」のから選べます。

ただし、毎月払いの場合は口座引落のみとなります。

振込の場合

「振込」の場合、送付される払込取扱票を使って支払います。

払込取扱票とは、水道や電気料金、自動車税や固定資産税などを支払う時にも使われる用紙のことです。

払込取扱票は教材と一緒に届くこともありますし、別々のこともあるので、DMなどど間違って捨ててしまわないよう気をつけてください。

「振込」支払いの場合、受講費とは別に支払手数料がかかってくるので気をつけてください。

口座引落の場合

「口座引落」は入会手続きとは別に、引き落としのための手続きが必要です。

郵送での「口座振替依頼書」か、WEB上での「WEB口座振替」か、どちらかを選べます。

口座引落の注意点をまとめておきます。

  • 「WEB口座振替」は入会時に手続きが必要
  • 毎月払いの場合は「口座引落」しか利用できない
  • きょうだいで入会する場合も、子どもごとに手続きが必要
  • 郵送での「口座振替依頼書」を提出する場合、手続きが完了するまでは、払込取扱票で支払いをする必要がある

口座振替に利用できない銀行もあるようですので、事前にまなびwith幼児コースHPでご確認ください。

まなびwithの入会方法は?

なまびwithの入会方法は全部で3つあります。

  • はがきでの申込み
  • 電話申し込み
  • web(まなびwithのHPから)申し込み
資料請求した時についてくるはがきに必要事項を記入する、あるいは、電話で申し込みをすることもできます。

まなびwithのHPからも申し込みができるので、web申し込みの方法について少し説明していきます。

まなびwithの入会方法は3ステップで完了します。

STEP.1
まなびwithのHPへGO!
ネットからの申込みが楽なのでおすすめです
STEP.2
必要事項の入力
友人紹介などる場合はこのタイミングで申し込みます
STEP.3
入力事項を送信!
内容を確認して問題なければ情報を送信して完了です!
まなびwithのHPへGO!〜PCからの場合〜

まず、まなびwithのHPに行きます。

トップページの一番上に「入会お申し込み」という緑のボタンがあるので、そこから入会手続き画面に進みます。

どこのページでも「入会お申し込み」の緑のボタンは出てくるので、トップページでなくても大丈夫です。

「入会お申し込み」の緑のボタンをクリックすると、入会に必要な情報を入力する画面に移動します。

まなびwithのHPへGO!〜スマホからの場合〜

スマホからの場合、PCとHPデザインが異なるので、「入会お申込み」のボタンを探さなければなりません。

スマホから入会申込をする場合は、まなびwith HPのTOPページに進んでください。

PCのと異なり、ここには「入会お申し込み」のボタンはありません。

しばらくスクロールしていくと、ページの中ほどに「入会お申し込み」の緑のボタンがあります。

「入会お申し込み」の緑のボタンをクリックすると、入会に必要な情報を入力する画面に移動します。

必要事項の入力

入会手続の際に必要な情報をまとめます。

はがきや電話での申込みの場合も、この情報は必要なので、予め用意しておきましょう。

  • 保護者の氏名
  • メールアドレス
  • キャンペーン情報送付の有無
  • 住所
  • 電話番号
  • 子ども(受講者)の氏名
  • 子どもの性別
  • 子どもの生年月日
  • 受講コース
  • 支払い方法
  • 紹介/同時入会の有無
  • 入会のきっかけ
必須事項ではないのでリストから省きましたが、キャンペーンコードを入力したり、会社の福利厚生を利用する方も、ここで登録します。

ベネフィット・ステーションやライフサポート倶楽部の福利厚生を利用している場合、会費が10%割引してもらえるようです(2019年度)。

パパやママの会社の福利厚生サービスの中に、まなびwithの割引制度がないか、一度確認してみるのもいいですね。

必須事項は特別な情報はないので、思い立ったらすぐ入会の申込みができると思います。

入力事項を送信!

確認画面で入力事項を確認しましょう。

子どもの誕生日を間違っていないか、生年月日の年を選択肢間違っていないか、申込みコースが間違っていないか、などを確認しましょう。

確認ができたら、情報を送信しましょう!

まなびwithにお得に入会する方法は?

まなびwithにお得に入会する方法をまとめます。

  • お友達紹介制度を利用する
  • 福利厚生サービスを利用する
  • 生協から入会する
お友達紹介制度を利用する

お友達紹介制度とは、すでに「まなびwith」を受講している方に紹介してもらって入会すると、プレゼントが貰えるというキャンペーンです。通常は紹介した人、新しく入会した人それぞれに500円分の図書カードがもらえます。

今は、3月31日まで限定で、紹介した人、新しく入会した人それぞれに1,000円分の図書カードがもらえるキャンペーン中です!

お友達紹介制度の利用方法は、入会申込の際に、紹介する人の名前と会員番号を入力すればOKです!

紹介してもらうお友達の名前はわかっていても、会員番号がわからない場合もありますよね。

そんなときは、ひとまず「利用しない」としておき、申込後に電話(0120-33-1039)か、お問い合わせフォームから「紹介してもらったけど、会員番号がわからなかった」と連絡すれば、適用してもらえるようです。

福利厚生サービスを利用する

パパやママの会社の福利厚生サービスを利用したことはありませんか?

最近は、福利厚生サービスを外部委託している企業も多いようで、商品の購入割引サービスなんかもたくさんあります。

まなびwithも、福利厚生サービスによっては会費を割引を受けられます。

少し調べたところ、2019年時点で、ライフサポート倶楽部やベネフィット・ステーションを利用していると、会費が10%割引になるようです。

福利厚生の割引を利用する場合は、3つの情報が必要になります。

  • サービス名
  • 会員番号/会員ID
  • 会員名
入会前に、ちょっと確認してみてください。

生協・コープで申し込みをする

我が家も生協を利用しているのですが、生協やコープを利用している方も少なくないのではないでしょうか。

実は、まなびwithは生協から申し込みをすると特別価格で受講できるのです。

といっても、全ての生協やコープで利用できるわけではありません。

2020年3月現在、まなびwith割引価格で受講できる生協は、コープさっぽろ、みやぎ生協、コープ京都、パルコープ/よどがわ生協、いずみ生協、コープ高知、コープ徳島、コープ愛媛、コープ広島、鳥取生協、コープ島根、コープ山口、コープ大分、コープ長崎、エフコープ(福岡)、コープ佐賀、コープ沖縄です。

私の利用している生協では申し込みできないようですが、中国、四国、九州方面が多いイメージですね。

生協に「まなびwithを受講します」と申し込みをすると、後日、まなびwithから連絡が来るようです。

申し込みができる生協には、カタログが入っているはずなので、そちらで詳細をご確認ください。

実施中の入会キャンペーンまとめ

2020年3月現在、幼児コースで実施中の入会キャンペーンを紹介します!

  • 紹介プレゼント増増キャンペーン
  • 4月号無料キャンペーン
  • お支度ボードプレゼント
  • 「まなぼうず お道具箱セット」プレゼント

紹介プレゼント増増キャンペーン

3月31日までにお友達紹介制度を利用して入会した方には、通常の倍の図書カードがもらえるキャンペーンです。先程、入会手続きのところでも紹介しましたが、紹介する方の名前と会員番号を入会時に伝えればOKです。

入会手続きが完了してから10日前後で、プレゼントがご自宅に届きます。

4月号無料キャンペーン

3月31日までに入会した方は、4月号の受講料金が無料になるキャンペーンです。一括支払いを選択した方は、1ヶ月相当分の会費が割引になります。

1ヶ月無料キャンペーンは年に何度も実施されるものではないので、気になる方はこの機会に資料請求をして、入会を検討してみてください。

お支度ボードプレゼント

4月16日までに、年少、年中、年長コース4月号に入会した方全員に「お支度ボード」がもらえます。いつ、何をするかを見える化して、できたらカードをひっくり返します。

ひっくり返したらはなまるが出てくるので、できたこと、まだできていないことが一目瞭然です。


子どもは花丸が大好きなので、これで毎日のルーティンを確認するうちに、自然と習慣化されていきます。

「まなぼうず お道具箱セット」プレゼント

幼児コースを12ヶ月一括支払いで申し込み、入会時に「まなぼうず お道具箱セット」を希望すると申込みをした方がもらえます。お道具箱、鉛筆、ハサミ、のり、折り紙、メモ帳のセットです。

ワークで使う機会のある文房具もセットになっているので、とってもお得感があります。

通信教育の場合、教材の収納に悩むこともありますが、お道具箱の中に進めている途中のワークを入れていおくと、あちこち探し回らなくていいので便利そうですね。

まなびwithの無料体験教材・資料請求の方法は?

まなびwithの無料資料請求は絶対にするべきです!

無料資料請求をすると、体験教材が一緒に届きます。

1週間分の体験教材が届くのですが、単純に考えると毎月のワークの1/4が届くことになります。

年中の2020年3月号のワークが28回分あったので、1/4といえば7回分届くことになります。

他の幼児向け通信教材と比べると、体験教材の量は多い気がします。

体験教材の使い方

この体験教材を必ず解いててみてください!

1週間分とありますが、お子さんの興味が続くなら、まとめて1日で解いてしまっても大丈夫です。

体験教材を必ず解いてほしい理由は3つかあります。

  • 子どもの実力にあっているかどうか確認するため
  • 親のサポートがどれだけ必要か確認するるため
  • 実際に受講した場合、いつどんなタイミングで取り組むかをイメージするため
そんなことわかってる!と、お怒りの声をいただくかもしれませんが、必ずこの3点を意識しながら体験教材に取り組んでください。

難しすぎることはないと思いますが、なんとなく好きになれないとか、お子さんの手が進まないのはよくありません。

勢いで申し込んだけど、他の習い事をたくさんしているとかの理由でまなびwithに取り組む時間がないのももったいない話です。

1週間分の分量を見ながら、今の生活の中でまなびwithを取り入れる余裕があるか、ママがきちんと見てあげる時間を取れるか、など、具体的にシュミレーションしてみてください。

無料体験教材・資料請求の仕方は?

PCから、スマホから、どちらからでも簡単に体験教材の申込みができます。

PCからの場合

まず、まなびwithのHPへ行きます。

どこのページでも大丈夫です。

まなびwithのHPの上部に「資料請求」というオレンジ色のボタンが必ず出てきます。

この「資料請求」というオレンジ色のボタンをクリックします。

すると、資料請求フォームに進むので、必要事項を入力して情報を送信すれば完了です。

スマホからの場合

資料請求・無料体験教材の申込みの場合は、まなびwithのどのページからでもすぐに申し込みができます。

ます、まなびwithのHPにいきます。

ページはどこでも大丈夫です。

下へ少しスクロールすると、「無料教材セット・資料お申し込み」というオレンジ色のボタンが出てきます。
まなびwith 通信教育 体験教材 無料資料請求3
この「無料教材セット・資料お申し込み」というオレンジ色のボタンをタップすると、資料請求フォームに進むので、必要事項を入力して情報を送信すれば完了です。

このボタンが出てこない場合は、まなびwithのトップページを下の方へ進んでいくと、「無料教材セット・資料お申し込み」のボタンが出てきます。

ここから資料請求フォームに進んでもOKです。

まなびwithの問い合わせ方法や退会方法は?

資料請求してみたけど、わからないこともあると思います。

また、始めてみたけど、やっぱりやめたいということもあります。

ここでは困ったときの問い合わせ方法や、退会方法をまとめます。

まなびwithの問い合わせ方法は?

まなびwithの問い合わせ方法は2つです。

  • メールでの問い合わせ
  • 電話での問い合わせ
各ページの終わりの方に、メールでの問い合わせフォームがあります。

メールで問い合わせる場合、3日ほどで返事が来るようです。

すでに会員の方は、会員サイト「まなびwithマイルーム」からも問い合わせできます。

メールだと、24時間いつでも問い合わせができるので便利ですね。

急ぎではない場合はメールで問い合わせるのがおすすめです。

直ぐに返事が欲しい場合は電話で問い合わせましょう。

通話無料のフリーダイヤルで、日・祝日を除く月〜土に受付しています。

受付時間ですが、月曜日〜金曜日は10:00~19:00、土曜日は10:00〜16:00です。

土曜日も電話問い合わせができるのは、仕事をしているママには嬉しいですね。

入会前に不明点をなくしてスッキリしましょう!

まなびwithの退会方法は?

まなびwithを始めたけど、合わないから退会する、という方も少なくないかもしれません。

なにかの事情で「一時的に休みたい」という場合は、一度退会してから、再入会という方法を取ります。

退会の方法は3つです。

  • 会員サイト「まなびwithマイルーム」
  • メールの問い合わせフォーム
  • 電話のお問い合わせ窓口を使う
どこから退会しても大丈夫ですが、退会のルールや注意点があるので、Q&A形式でまとめていきます。

入会してすぐに退会できますか?

入会してすぐの退会はできません。3ヶ月間受講してから退会ができます。ただし、キャンペーンなどにより、退会できる時期がずれる可能性があります。詳しくは問い合わせて確認をしてください。

退会の申し出をしたら、翌月からやめることができますか?

毎月5日までに退会の連絡をすれば、翌月から退会することができます。6日以降になると翌々月からの退会になります。例えば、6月4日に退会の連絡をすると、7月号から退会できますが、6月6日に退会の連絡をすると、8月号からの退会になります。ただし、5日が日曜・祝日の場合は、翌営業日が受付締切日になります。

受講費を一括払いしているけど、途中でやめたら会費は返してもらえるの?

一括払いをしていて途中で退会した場合も、受講期間に応じて、受講費を変換してもらえます。詳しくはまなびwithに問い合わせてください。

休会はできますか?

休会はできません。一定期間受講しない場合は一度退会し、再開するタイミングで再入会してください。

まなびwith幼児コースにオプション講座はある?

オプションコースはありません。

しかし、会員限定で利用できる学習サポートコンテンツが豊富です。

スマホやタブレットを使ったミニゲーム、追加のプリント教材などがあるので、毎月隅から隅まで取り組めば、オプションが必要ないくらい十分な学習量になると思います。

まなびwith以外の習い事をすることもあると思いますので、幼児期はオプションがないくらいが丁度いいかもしれませんね。

まなびwithはこんな人におすすめ!

小学生コースでは、謎解きドリル、作文課題などがあるため、幼児コースはその準備段階として位置づけられているように感じました。

そのため、他の幼児向け通信教材と比べると、文字の読み書きや算数の問題はやや先走っているようなイメージがあります。

ただ、3〜6歳ごろのお子さんに合わせた内容でさくせいされているため、ワークの内容を理解でき、無理なく進められるのであれば問題ありません。

ひらがなやカタカナの読み書きは得意な子はどんどん練習して上手になればいいですし、足し算も引き算もできるのであればどんどんできるようにすればいいのです。

小学校や中学校のように、決まった時期までに決まったことができないと優劣がつくような時期ではありません。

幼児期はできる子はできる、できない子はできない、でいいんです。

お友達やテレビなどの周囲の影響で、今まで見向きもしなかったことに突然強い興味を持つこともあります。

幼児期はお子さんのペースに合わせた学習教材を用意してあげましょう。

気になったら、まずは無料の体験教材と資料請求をして見てくださいね。

Secured By miniOrange